1. TOP
  2. 日々の気づき・感じたこと
  3. こころのデトックスで本当の自分を呼び覚ます
Sponsored Link

こころのデトックスで本当の自分を呼び覚ます

 2019/08/21 日々の気づき・感じたこと こころが楽になる生き方 アバター(R)コース
この記事は約 7 分で読めます。 900 Views
Pocket

こころをデトックスすることって 

 

もしも「こころ」をデトックスできるとしたら、してみたいですか?

 

デトックスとは、身体の中に溜まっている毒素や老廃物とかを外側へ流して体の中から取り除いていく作業のこと。

                          ウィキペディアより引用

こころのデトックスとは、そう、

 自分の中の要らない感情とか

 役に立ってない思考パターンとか、

 嫌いな自分自身とか、

 成功することの足を引っ張ってるものとか、

そんなものを取り除いていくこと。

 

もしそれができたら、どんなに爽快か♡

そして、もしデトックスしたこころの状態で、目に映る世界はどんな景色でしょうか?あなたもわたしも、どんな未来を創造していける?

デトックスすることの本当のご褒美は、本来の自分を呼び覚まし、直観に従って未来を歩き始めることできることです。

今日は、その心のデトックスのわたしの体験談つぶやきのように綴り、本当の自分との出会いと未来地図の手に入れ方について紹介していきます。

正直な自分を取り戻す

さて、ここ最近は、自分の中の「正直さ」について取り組んでいます。

こうやって自分を内観していくと、

「わたしってほんとに人付き合いが苦手だったなぁ」とか、

「本当に人の評価とか人から嫌われないように」とか。。。

必死で自分のことを守ってるなぁっていうことに気づく。例えば、「人に良く見られたいとか、だから言いたいことを我慢する」とか。

 

だから、こんな風に自分を守っているところから、「ほんとのあなたはいったい何を感じているの?そして何にそんなに怯えているの?」と正直に自分の心を開いてく。

 

「こうあるべき」だという考えに凝り固まっていた心がほどけてく、この感じは、都会で無意識に感じていたちょっとした緊張感が、自然の中に入ったときにカラダやこころの一部は緩んでいくのに似てる。

私が学び、教えている「アバターコース」の自分の中の正直さに取り組むというステップは、自分がそうだと知っていること、考えていることと、実際にこころの奥底で「自分自身の思っていること、正直な考え、意図、感情」の間に「ずれ」がある場合、その「ずれ」を取り戻す作業になる。

 

自分の本当に感じていること、って実は自分でも気づいていないことが多い。

 

自分はこうだと頭で考えいることと、本当の深層で信じてることがずれると、今いる自分の位置がぶれてしまって、知らず知らずのうちに自分の現在地を見失ってしまっていることが多い。

例えば、方位磁石、コンパスの針が狂ってしまって、自分の見ている方向が指せなくなってしまっている状態。

心の奥底にしまっている自分に正直な気持ちに気づくというのは、そのコンパスの針が正しい位置を指してくれるようになる。

そうすると、そこから新しい一歩を生み出していける。

 

自分に正直じゃないものをわかりやすい例でいうと、

「本当は断りたいお誘いだけど、つい、いい返事をしてしまうよう」

「相手のことに興味があんまりないのに、興味があるふりをする」

「ほかの人も好きではないけど一生懸命働いているから、自分も頑張らなきゃ」というようなこと。

これらのこと、全部わたしが経験してきたことなのだけど(笑)

表面上で自分が知っている言い訳は、

「断わるのは相手に悪い」とか「断ると場の雰囲気を壊すとか、相手に嫌われるかもしれない」「一生懸命働かないと怠け者になる」とか思うわけで。

でも、こころの奥底にあるものにもう少し注意をのばしていくと、「外側に表明していること」と、心の中で自分だけが知っている「偽り」について気づく。

より深く感じていくと、自分でも隠したくなるようなことを考えていることがある。

それはこんな感じ。

「断ることで相手から気に行ってもらえなくなって仕事がもらえないかも」とか、

「興味があるようにみせかけて自分の利益になるように計らう」とかね…

また、「本当はやめたい仕事だけど、仕事だから頑張っている」とき、心の中で「好きなことをしている人にケチつけてたりする」その根底にあるのは、「自分にはできないからできている相手への嫉妬」だったりする。

この本当に奥底で感じている、信じていることに気づけないのは、これは自分の中の醜いもの、こんなことを表明したら性格悪いからと無意識に隠してしまうから、自分の中に閉じ込めて押しやって、最後は見えないように蓋をする。

 

ここで自分自身のコンパスが狂い始める。

自分に正直なることが「デトックス」につながるのは、 このエゴたち(自分の利益ばかりを計算したりするもの)を毒素だったり、老廃物だとして、それを丁寧に探しだり、取り除いていく作業だから。

そしてこの作業の真の目的は、本当の自分に出会うこと。

 

本当の自分とは、自分の直観、良心と繋がっている純粋な存在なこと。

 

子供のときの、あの純粋さ。

大人になると、このピュアさは、「少し計算できないとこの社会では生きていけない」という恐れに変わる。

でも、この自分を守らないといけない感じ、本当はすごく疲れている。

そして、いつの間にか未来をあきらめさせて、世の中を見るメガネを曇られてしまう。

 

小さいころあんなに純粋で身軽でワクワクしていて、人のことも、未来に対してもなんの疑いもなかったのに、今は鈍っている。

「大人になるのはこういうことだ」って。

 

でも、自分の気持ちに正直になるという「コンパスの針を正しい位置にもどす作業」は、自分にとって本当は何が大事だったの?とシンプルに促される。

自分の中の人との間にある「疲れ」とか、「距離」みたいなもの、「離れたい感じ」の感覚にあえて注意をむけて、そこにあるエゴや不要なものを解き放つ作業を何回か繰り返していくと、

もっと、人を大切にしたいなぁ。とか。

あの人のためにできることはなんだろうか?とか。

結局、愛を学んだり、愛をふやすために、生まれてきたのか。。

なんて腑に落ちていく。

 

傷ついたり、傷つけたり、見栄はったり、嘘で飾ってみたり、我慢したり、怒りをあふれさせたり、いじわるしたり、見下したり、足をひっぱたり…するけど、でも、優しくしたり、人に支えられてる感謝の気持ち、人を大事にしたいとか。

人間のこころって、おもちゃ箱みたいだなぁ。

そんなひとつひとつの自分自身を許して受けれ入れていく。

そうしたら、本来の自分が呼び戻ってくる。清々しくて、温かい、緩んだ自分がそこにいる。

そうしていると、友達から虹の景色の写真がきた。悩んでいた妹が解決が見つかったといいニュースが届く。ちょっと距離があったなぁと感じていた友達からも返信がくる。

これが意識の仕事の一番面白いところ。

こんな風に、正しい位置にもどったコンパスを人生の地図の上に置いて、本当の自分が直観に従って、まだない未来図を描き始める。

 

人生って複雑にしているのは、自分自身で、ほんとはもっとシンプルで、「世界はもっともっと美しい」ということに気づかされる。

 

あなたも、コンパスの針をありのままのあなたに戻して、未来図を描きなおしてみませんか?

 

\ SNSでシェアしよう! /

自分でじぶんをしあわせにする優しいこころの使い方の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

自分でじぶんをしあわせにする優しいこころの使い方の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

さいわい とみよ

さいわい とみよ

29歳の失恋からスピリチュアルな体験、アバター(R)コースとの出会い。
その後、離婚、経済危機を経験。幸せに豊かに生きていくことってなんだろうと、幸せ創造研究所を設立。挫折あり、笑いあり、涙あり、感動あり。だからこそ、人生は美しい。

「美しくこの地球でいきる」がモットー

米国スターズエッジインターナショナル社認定
アバター®マスター
幸せ創造研究所 代表 幸 とみよ

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この人が書いた記事  記事一覧

  • なぜ?人生ストーリーを語ることで集客できるのか?

  • あなたがやる気がでない本当の理由

  • ブログの3日坊主「わたしは意志が弱い」はウソ?!

  • 宮古の海との約束~ポジティブリーディング幸せラピ~ 幸 世梨香

関連記事

  • 意識についてお喋りするオンラインお茶会

  • シェアリングエコノミーとスピリチュアル時代の到来

  • 何も得られないから得られる「悟り」

  • がんばり屋さんのあなたに「予祝」のススメ

  • こころを緩ませてあなたとして生きる

  • 東ちづるさん監督 映画「私はワタシ」をみて